上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<テーマ> 学びを促進するアート表現とは
<提案者>小野 京子さん(日本女子大学特任教授・臨床心理士)
アート表現を学習促進に用いるメソッドは、カナダではラーニング・スルー・ジ・アーツとして、アメリカではアーツインテグレーションとして長年実践されている。
私は30年近くアート表現をセラピーとして実践してきたが、10年ほど前からアート表現の学習促進力に魅了され、カナダやアメリカから講師を招き、日本でその方法を広めてきた。2年前からはアートワーク・エドュケーター(アート表現を用いて教科を教えられる人材)の養成に関わっている。
アート表現を取り入れながらの学習において、五感を使いながら感情、身体、認知、スピリチュアリティという人間存在の全ての面に関わりながら成長が育まれる。
今回はアート表現を用いた学習促進の方法について話し、実習もしたいと思っている。

<日時> 2016年11月26日(土)
16:00~18:00
18:30ごろ~ クレヨンハウスで懇親会
<場所> 青山学院大学 (渋谷駅 徒歩10分、表参道駅 徒歩5分)
     (正門を入って、左手奥の背の高い建物) 17303教室
<参加費> 会員500円、学生無料、一般1,000円
<申込み> 当日でも結構ですが、資料準備の都合上、 できるだけ事前にお申込み下さい。
   東京ホリスティック教育研究会のML 
またはetsu20@nifty.com     03-3672-1454(山浦 恵津子)
<当日の連絡先>
 070-6423-1454(山浦 恵津子)
 090-1557-3838(児玉 真由美) 

※前回は青山晴美さんの「アボリジニ学入門」でした。青山さんは、なぜか先住民族の魅せられ、ホピ、ミクマック、インディオ、チベットの人々とも関わってこられたそうです。その魅せられた思いが伝わり、私たちもアボリジニの人々の深い知恵に驚嘆しました。
そして、自分の暮らしを見直す大きなヒントをいただいたことでした。
また、今夏、オーストラリアのブルームに行かれるという学生さんたちの飛び入りもあり、楽しい楽しい集まりでした。
さて、今回は幅ひろくアートセラピーを学んでこられ、多方面でご活躍の小野京子さんにワークをしていただくことになりました。このような機会はあまりないと思います。
みなさま、ぜひ、芸術セラピーを体験なさってみてください。
スポンサーサイト
第42回東京ホリスティック教育研究会

日時 2016年7月16日(土)
10:00~12:00
12:30ごろ~ クレヨンハウスで懇親会
場所 青山学院大学 (渋谷駅 徒歩10分、表参道駅 徒歩5分)
     総研ビル(正門を入って、すぐ右手の建物) 
             9階 第15会議室

テーマ アボリジニ学入門

提案者 青山 晴美さん(愛知学泉短期大学)
 アボリジニ学」は世界でも類を見ないユニ-クな学問領域です。
オ-ストラリアの各大学での「アボリジニ学部」の立ち上げには、
アボリジニを国民に迎え入れて、多文化主義国家として新しい歴史に
踏み出したオ-ストラリアの事情があります。
アボリジニとその文化への理解を深め、
差別の是正に向かうオ-ストラリア政府の意図がありました。
「アボリジニ学」の目的は、ただアボリジニ文化を学ぶだけではなく、
オ-ストラリアの社会や歴史、アボリジニに対する認識を、
「白人中心主義」から、多様性を含んだ視点に変換することです。
今回の研究会では、アボリジニ学の概要を説明しながら、
その可能性をさぐっていきます。

<参加費> 会員500円、学生無料、一般1,000円

<申込み> 当日でも結構ですが、資料準備の都合上、
できるだけ事前にお申込み下さい。
   東京ホリスティック教育研究会のML
   またはetsu20@nifty.com  03-3672-1454(山浦 )

<当日の連絡先> 090-1557-3838(児玉)
第41回東京ホリスティック教育研究会

日時 2016年3月15日(火)
17:00~19:00
19:30ごろ~ クレヨンハウスで懇親会
場所 青山学院大学 (渋谷駅 徒歩10分、表参道駅 徒歩5分)
     15号館(正門を入って、右手奥の背の高いコンクリートの建物) 
             13階 エグゼクティブミーティングルーム

テーマ 国際バカロレアの可能性を探る

提案者 浅井 悦代(東京学芸大学付属国際中等教育学校)
  昨今、国際バカロレア(IB)がグローバル化社会における国際的な人物育成という
観点で注目されている。
 今回のホリステック勉強会では次の三点について考えてみたい。
1、国際バカロレアとはどのようなものか
2、国際バカロレアがホリステック的であるといわれている理由
3、国際バカロレアにおける国語科教育の試案
国際バカロレアの可能性を探ってみたい。

<参加費> 会員500円、学生無料、一般1,000円

<申込み> 当日でも結構ですが、資料準備の都合上、
できるだけ事前にお申込み下さい。
   東京ホリスティック教育研究会のML
   またはetsu20@nifty.com  03-3672-1454(山浦 )

<当日の連絡先> 090-1557-3838(児玉)
第40回 東京ホリスティック教育研究会

日 時: 2014年7月26日(土)
 
 14:00~16:30ごろ
      17:00ごろ~ 国分寺駅近くで懇親会                                                
場 所: 東京学芸大学 新教職大学院棟・講義室(1階)
 
     JR武蔵小金井駅より、京王バス・中大循環ゆきバスで約5分。
     「学芸大東門」下車2分。
     ※東門を入らず直進し教職大学院棟入口からお入りください。
     東京都小金井市貫井北町4-1-1

テーマ: ドキュメンタリー映画
     『さなぎ~学校に行きたくない~』をめぐって
  
提案者: 三浦 淳子さん(映画監督)   
 
     三浦さんからのご案内です。
     「私は個人的に出会った、魅力的な人々や、心に残る事柄をひとりで撮影し、
     ドキュメンタリー映画を作っています。一般的に、映画と聞くと、多くのスタッフ、
     キャストを必要とする、大資本の劇映画をイメージされる方が多いでしょう。
     しかし、一方で、映画はほとんどひとりでつくることも可能です。私達が日常生活で
     ふと見かける、風にゆれる木洩れ日、きらきらと輝く自然な笑顔は、手のひらで
     すくいとるように、ひとりでカメラを回すほうが、大規模なシステムで撮影するより
     も、とらえやすいかもしれません。
      この『さなぎ』という映画は、私の親友の姪っ子が、不登校になったと聞いて、
     学校に行きたくなかった私が学校に行かないなんてすごい!会ってみたいと思って、
     長野県喬木村に会いに行き、14年にわたって撮影したものです。その少女は、大自然  
     の中で自由に遊ぶことが大好きで、その姿に私はすっかり魅了されました。
      その経験をお話ししながら、皆さんと子どものいのちについて考えてみたいと思い
     ます。」 
     どうぞ、みなさん、ご参加ください。

会費:  300円 学生無料 一般500円

※どなたでもご参加いただけます。メールフォームよりご一報いただけますとありがたいです。





 
第38回 東京ホリスティック教育研究会

日 時: 2013年 10月19日(土)   14:00~16:30ごろ
                         17:00~懇親会(国分寺駅近く) 
                                                   

場 所: 東京学芸大学 新教職大学院棟・講義室(1階)
 
     ※東門を入らず直進し教職大学院棟入口からお入りください。
      講義室は1階です

      東京都小金井市貫井北町4-1-1

テーマ:  三つのアイデンティティ、ウチナンチュー・ゲイ・キリスト者

提案者: 平良愛香さん(日本基督教団牧師 神奈川教区総会議長、立教大学講師)  
     沖縄出身で、ご自身がゲイであることを公言し、ゲイの牧師として初めて任用された方です。
     沖縄の問題、マイノリティーの問題等に向き合い日々活動し、
     様々な場所で講演なども行っておられます。
会費:  300円 学生無料 一般500円

※どなたでもご参加いただけます。メールフォームよりご一報いただけますとありがたいです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。