上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.06.11 研究大会
ホリスティック教育研究大会(大妻女子大学)のお知らせ(詳報)
テーマ「実践と研究をいかにつなげるか」

●2013年6月30日(日)研究発表   ※前日6月29日(土)は運営委員会ワークショップを開催(参加自由、会場は以下に同じ)

●大妻女子大学・千代田キャンパス「大学校舎1階C182教室」

●参加費 一般2000円、会員1000年

●発表内容

【午前】10:00~12:00
①シュタイナー学校のエポック授業におけるホリスティックな展開―4年『古事記』の授業事例から―:不二陽子(学校法人シュタイナー学園高等部・国語科教員)
②屋久島にある通信制高校で実践しているホリスティック教育「人(他者)・自然・自分」:伊藤潤(学校法人KTC学園)・小森伸一(東京学芸大学)
③保育者養成における「ひと・もの・こと」に出会う体験型学習プログラムに関する実証的研究:近藤千草・内海崎貴子・藤川志つ子(川村学園女子大学)
④新たな疾走指導法の検証―実践家としての立場からのアプローチ―:民内利昭(東京大学大学院・博士課程)

【午後】13:00~15:00
⑤ 障害とアートを結ぶもの―ジオラマ制作の実践―:金田卓也(大妻女子大学)・遠藤信也(東京大学大学院・博士課程)・堤俊英(聖路加看護大学・非常勤講師)
⑥ひとり親就労支援事業におけるホリスティック・アプローチ~母・女性・人間としての総合的支援が子ども支援にもなる~:金香百合(ホリスティック教育実践研究所)
⑦にいがたの震災地に蘇った‘地域力’:佐川通(学校の森総合研究所)
⑧マインドフルネスによる自己改革からの紛争転換―イスラエルにおけるもう一つの非暴力平和活動―:吉村季利子(大阪大学大学院国際公共政策研究科・博士後期課程)

【ポスター発表】期間中掲示(質疑セッション...12:20~12:50)
①橋詰良一「家なき幼稚園」における教育実践-教育空間としての自然-:米津美香(東京大学大学院・博士課程)
②福祉領域における援助者の自己覚知に基づいた学習-現場介護福祉士を対象とした研修を事例として-:大山博幸(十文字学園女子大学)
③ゲーテ自然科学の実践的応用としての「フォルメン線描」―シュタイナーの「フォルメン」とクレーの「フォルムング」―:井藤元(大阪成蹊短期大学)
④規律=訓練としての点前:フーコーの理論的検討と茶道のテキスト分析を通じて:蒲生諒太(京都大学大学院教育学研究科・臨床教育学専攻)

実に様々な内容がありますが、すべてに通底しているのは「ホリスティック」です。
今年度は、分科会形式ではなく、一会場で様々な分野におけるホリスティックな実践と研究とのつながりについて、研究発表とディスカッションが行われます。
発表者は、大学院生が中心ですが、学校現場の先生、研究者、NPO等市民など多彩です。

アクセス:JR・地下鉄「市ヶ谷」駅より徒歩10分
大妻女子大学への交通アクセス・キャンパスマップ
http://holistic-kenkyutaikai.blogspot.jp/2013/06/2013.html

第37回 東京ホリスティック教育研究会

日 時: 2013年 3月23日(土)   14:00~16:30ごろ
                         17:00~懇親会(国分寺駅近く) 
                                                   

場 所: 東京学芸大学 N棟306教室 
      東京都小金井市貫井北町4-1-1

テーマ: 関係から出発するふくし
           ~日々のご利用者とのかかわりを見直してみましょう~

 <内容>
  福祉領域における援助者(ケアする人)を対象に、援助関係の中での気づき
(自己覚知)をねらいとした省察的(リフレクティブ)な学習を提案します。
  日々のご利用者とのかかわりを振り返り、見直してみましょう。
  ここでの省察的な学習のねらいは、ご利用者に対して十分に援助できなかった自分を
 責めたり、あわてて解決策や対応策を求めたりするのではなく、あくまでも気づき(自己覚知)です。
  ご利用者との関係の中で援助者である自分自身に起こったこと、 生じたことを心静かに味わい
 とらえなおしていくこと、そのような過程の中で気づきは生じてきます。
  そして、得られた気づきをもって改めてご利用者との関係を見直してみることで、
結果的に新たな解決策や対応策が見えてくるかもしれません。
 当日は、レクチャーの後、このような省察的な学習を実際にワークショップ形式で体験して
いただきたいと思います。
  日々の多忙な援助実践から少し離れて(間をとりながら)、改めて自分自身を
とらえなおしてみましょう。
 それは「ケアする人」であるわたし(自分)を大切にすることでもあり、癒すことでもあります。
  皆さんと一緒に(少しゆったりと)楽しみながら学んでいけたらと思っております。(大山氏 記)


発表者: 大山 博幸さん(十文字学園女子大学 人間福祉学科)


参加費: 会員300円、学生無料、一般500円

申込み: 当日でも結構ですが、資料準備の都合上
      できるだけ事前にお申込ください。
 

どなたでもご参加ください。参加される方は メールフォームよりご一報ください。
第36回 東京ホリスティック教育研究会

日 時: 2012年 11月17日(土)   14:00~16:30ごろ
                         17:00~懇親会(国分寺駅近く) 
                                                   

場 所: 東京学芸大学 飯島記念館 2階会議室(正門左脇)
      東京都小金井市貫井北町4-1-1

テーマ: 子どもも大人も幸せな保育実践
       -ウッディキッズという居場所ー
                        
発表者: 菊地 大介さん(東京都認証保育所ウッディキッズ)


参加費: 会員300円、学生無料、一般500円

申込み: 当日でも結構ですが、資料準備の都合上
      できるだけ事前にお申込ください。
 

どなたでもご参加ください。参加される方は メールフォームよりご一報ください。
第35回 東京ホリスティック教育研究会

日 時: 2012年 8月19日(土)14:00~17:00 
                                                   

場 所: 東京学芸大学 N棟 306教室
     
テーマ: 愛着関係と子どものトラウマ(仮)

発表者: 太田茂行さん(生活心理相談室ナヌーク)

 
パット・オグデン , ケクニ・ミントン , クレア・ペイン著
日本ハコミ研究所訳(太田茂行さんが中心になられての翻訳書)
『トラウマと身体:センサリーモーター・サイコセラピー(SP)の理論と実践』
星和書店(2012年7月)
について語ってくださいます。
http://maruta.be/hakomi


参加費:会員 500円  一般 1000円  学生 無料

どなたでもご参加ください。

参加申し込み: メールフォームよりご一報ください。
第34回 東京ホリスティック教育研究会

日 時: 2012年 6月30日(土)14:00~16:30 
                     17:30~    国分寺で懇親会                              

場 所: 東京学芸大学 N棟 306教室
     

テーマ: 全体性に至ることについてどのように語ることができるか
  ~ヨハン・フリードリヒ・ヘルバルトの思想を通して考える~

         
提案者: 小山裕樹さん(東京大学大学院・院生)

どなたでもご参加ください

参加費: 会員 500円 一般 1000円 (学生無料)

申し込み: 本ブログのメールフォームよりお申込みください
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。